はげたくない 父親の遺伝

人は誰もがはげたくないと切に願っています。

 

抜け毛や薄毛が生じると人に与える印象も大きく異なることから、
仕事や人間関係において初対面の場合にもはげの人として認識されがちです。

 

そういった見方は本人の心も大きく傷つけますし、鏡の前の自分の姿を見つめるたびにそうしたストレスはますます大きく膨らんでしまうもの。
しかし全てを諦めてしまうのはまだ早いもの。きちんと原因を特定し、その改善のための対策を講じることで少しずつ状況を打破していくことができるはずです。

 

こういったはげをもたらす原因の一つにAGAという病気が挙げられます。
これは男性ホルモンと頭皮にある5αリダクターゼという酵素が反応しあってDHTという物質を作りだし、
これを毛乳頭が感知するとたちまち頭髪の成長サイクルを乱して抜け毛や薄毛を促進してしまうという症状のこと。
特に母親の親族に薄毛が多いとその人も遺伝によって発症しやすいと言われます。

 

 

そもそも薄毛と遺伝との関係は深く、これはDNAによって受け継がれる母親側の情報の中に
この5αリダクターゼに関連するものが多く含まれていたことによります。

 

 

母親の場合には発症しにくいものの、これが男性の身に受け継がれると男性ホルモンとの兼ね合いによって変化が生まれ、
より多くのDHTを分泌してしまうことになるのです。そのため祖父のはげがその孫息子に受け継がれた隔世遺伝のように見えるのです。

 

でもだからと言って薄毛予防は無駄?と考えるのは時期早々です。
薄毛は努力次第で改善できるもの。もしも母方の親族にはげが多ければ、
自分も発症する確率が高いと考えてできるだけ早くから育毛対策を施すと大丈夫です。

 

 

また、母親の親族のみならず、父親から受け継いだDNAが薄毛を引き起こすこともあります。
そもそもDNAの情報は対立する要素があった時に、より優位なものの性質が現れやすいと言われます。
そのため父のDNAにそれが含まれると、母親から受け継いだもの以上にそちらが優先される可能性もあるのです。

 

そのため薄毛は父親、母親どちらから受け継がれた症状かを特定するよりもむしろ、
今後のことを考えてできるだけ効果的な育毛剤などを活用することで症状改善に努めていきたいところ。

 

その意味でもチャップアップは効果的です。チャップアップは天然成分によって生成されており、
血行促進によって頭髪に多くの影響分をもたらすと同時に、その成分が5αリダクターゼなどにも直接影響を及ぼすのでAGAの改善にも効果が見られます。
一般的なAGA治療薬と異なって副作用も全くありませんので、極めて有効と言えるでしょう。